現場ブログ|カナルペイント | 岡崎市、西尾市の屋根リフォーム・雨漏り・防水工事ならカナルペイントにお任せ

MENU
屋根リフォーム・雨漏り・防水工事 カナルペイント

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-558-355受付 10:00~17:00

  • 屋根工事の相談がしたい ショールーム来店予約
  • 屋根工事の費用を知りたい 見積依頼

現場ブログSTAFF BLOG

HOME / 現場ブログ / 屋根カバー工法のメリット・デメリットとは?

屋根カバー工法のメリット・デメリットとは?

スタッフブログ豆知識

2021.11.16 (Tue) 更新

皆様こんにちは!

愛知県岡崎市・西尾市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の専門店カナルペイントです。

いつもブログをお読みいただきありがとうございます!

 

 

先日、1人で浜松までドライブに行ってきました🚗

浜名湖がとても綺麗で運転中でしたが魅入ってしまいました!

夕暮れ時に弁天島の鳥居を見に行き、鳥居の中に夕日が入り込んでいる写真を

撮ろうと思ったのですが、曇っていて取れませんでした😂

また来年リベンジしに行こうと思います💪😣

 

さて、今回は【屋根カバー工法のメリット・デメリット】についてご紹介します♪

 


 

屋根カバー工法とは?

屋根カバー工法とは、既存の屋根材に新しい屋根材を覆いかぶせていく屋根工事です!

一般的にガルバリウム鋼板やエスジーエル鋼板のような

軽量な金属屋根で施工されることが多いです!

 

 

メリット

工期が短い

葺き替え工事の場合は、古い屋根材を撤去する必要がありますが

カバー工法ではその手間を省略できるので約5~14日で工事が完了します🤗

 

工事費用を抑えられる

古い屋根材を撤去する必要がないため、その分人件費や廃材処分費を抑えられます!

ですから、葺き替え工事の場合と比べると安価に施工できます

 

断熱性・遮音性の向上

屋根が二層構造になるため、

屋外の暑さや寒さ、雨音などが室内に伝わりにくくなります💁‍♀️

 

 

デメリット

屋根が重くなる

屋根全体の重量が増えてしまうので、耐震性が少し低下してしまいます。

ですが、軽量な金属屋根材を使用することで少しでも重量を抑えることができます✨

 

瓦屋根には施工できない

瓦のように波状になっていたり、厚みがある屋根材の上には、

新しい屋根材を固定することが難しいため、カバー工法には不向きです。

そのかわり、瓦を全て撤去して新しい屋根材を取り付ける葺き替え工事であれば施工できます✨

 

傷んでいる屋根に施工できない

屋根の下地や内部が激しく劣化している場合は施工できないことがあるので

屋根の状態をしっかりと調査し、適切な施工方法を提案できる業者さんに依頼することおすすめします!

 


 

屋根カバー工事は葺き替え工事と比べて

工期短縮や、費用も抑えることができるというメリットがありますが

瓦屋根の場合は施工できないので注意が必要です!

また次回は屋根の葺き替え工事のメリット・デメリットをご紹介しますので

ぜひ、ご覧ください♪

 

カナルペイントは適切な工事に適切な金額をご提示し、

安心して塗装できるよう外壁診断・見積~塗装色決め~工事~アフターフォローまで

全て丁寧親切に対応しております。

お気軽にショールームまでご相談ください。

 

施工事例はこちら

ショールーム来店予約はこちら

カナルペイントの高品質塗装で納得価格メニューはこちら

お電話はこちらから↓

0120-558-355

ご来店予約

診断無料

0120-558-355 受付 10:00~17:00 お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

お客様の声

職人・職人紹介